子どもメガネの選び方

保証について

子供がメガネを壊して帰ってきた・・・ また新しいメガネを買わなきゃ!? だからメガネは保証で選ぶ! アイメガネでは3つの「おやくそく」をしています。
子供がメガネを壊して帰ってきた・・・ また新しいメガネを買わなきゃ!? だからメガネは保証で選ぶ! アイメガネでは3つの「おやくそく」をしています。

商品の一例はこちら...

PROGEAR EYEGUARD

スポーツから目を守る「プロギア・アイガード」
激しいスポーツに対応しながらも、度付メガネフレームとして使用可能です。
素材には耐衝撃性に優れたポリカーボネート使用。
ノーズパッドはクッション性に優れ、衝撃からお顔を守ります。
通常のテンプルとバンドタイプの2タイプ、豊富なサイズ、カラーから選べます。
大人のサイズもございます。ぜひお試しください。

トマトグラッシーズ

子ども用メガネの選び方のポイントとして「軽くて丈夫!」・「アフターケアの充実」・「顔に合ったサイズで、掛け心地がよい」などがあげられます。
なかなか合うメガネが見つからない同じ悩みを持つ、親御さんの想いと経験から開発された子ども用メガネが『トマトグラッシーズ』です。
特徴としては、安心安全な素材を使用。お子様でも負担にならない軽さ。また、お顔に合わせての調節が可能です。

瞬足は、「速く走りたいという気持ち」を応援するお子様向けシューズブランド「瞬足」のメガネフレームです。
お子様のメガネライフをサポートするため、より快適な掛け心地、安全性を考慮した作りになっています。
破損しにくい樹脂を使用し、軽量化も同時に実現。柔軟性もあり、程よいホールド感を感じやすいデザインに仕上げています。

EYEs CLOUD kid's

アイクラウドキッズはヤンチャなお子様にも安心&安全なメガネです。
型崩れしにくく、丈夫で安全性の高い、哺乳瓶や医療器具のカテーテルと同じ素材を使用しています。
うっかりお子様がフレームを噛んでしまっても、練り込みタイプのカラーなので、カラー剥げがなく安全です。

子どものメガネ Q&A

メガネを掛けさせなければいけない視力って?
小学校では、授業に必要な視力は両眼で(0.7)といわれています。
目安としては裸眼視力が両眼で0.7をきるようになればメガネの装用をおススメします。
それ以外でも遠くのものを目を細めてみる...授業中、黒板の文字が見にくくなった...などの訴えが無いか注意をしてあげてください。
メガネをかけると度が進んでしまうって本当?
しっかり合っているメガネをかければ、度が進んでしまうことはありません。
メガネをかけて、きれいにハッキリ見えるようにすることで、視力は向上します。
ただし、強すぎたり弱すぎたりせず、お子様の視力にあったちょうど良い見え方のメガネをかけることが大切ですので定期的な目のチェックがおススメです。
メガネはかけたりはずしたりしてもいいの?
近視のメガネなら基本的にかけたりはずしたりしてもかまいません。
授業中やテレビを見るときなど、必要な場合での使用でも大丈夫です。
ただし、目安として視力が0.3程度になり、日常から見づらい様子があるようなら常用をおススメします。見えにくいものを無理に見ようとすることで視力の低下に繋がることがあります。

子どもメガネを選ぶ5つのポイント

鼻パットがしっかりとお鼻にフィットしている
※しっかりと調整が出来るか確認して選ぶことが重要です。
テンプルがきちんと耳に掛かっている
※しっかりと耳の上部と後ろにかかっているのが理想です。
フレームの幅とお顔の幅がしっかり合っている
※フレームの幅がお顔の幅に収まるものを選ぶ。
適した機能と丈夫さのあるフレームを選ぶ
※形状記憶や超弾性のものがおススメです。
気に入った「かっこいい」「かわいい」デザインのフレームを選ぶ
※お子様が選んで、かけて楽しいと思えるメガネが理想です。